エステなどの中途解約では、契約期間と清算金額がしばしば問題となります。

中途解約の注意点

契約期間や清算金額の確認など。業者との接触機会も増えます。

中途解約で問題となるのは、

清算金額と契約期間です

エステ英会話など語学学校学習塾・家庭教師パソコン教室結婚相手紹介サービスの6業種で、クーリングオフ期間が過ぎてしまったら、中途解約制度の活用を検討します。

他にも、マルチ商法や預託商法(現物まがい商法)で、中途解約の定めがあります。

こんなとき、どうしますか?

※以下の事例は、問題点明確化のため、事実関係を簡略化したものです。

契約期間満了後の中途解約

近年特に増えているのが、中途解約しようとしたのに、契約期間満了を理由に解約を拒否される事例です。

意外に知られていませんが、中途解約するにも期限がありますエステ英会話など語学学校学習塾・家庭教師パソコン教室結婚相手紹介サービスいずれにも言えることですが、契約期間が定められているはずです。これらはまず間違いなく、契約期間内にすべてのサービスを消化するという前提になっています。

このあたりの説明が不十分で、中途解約したいと思った頃には契約期間が満了していたというご相談が非常に多く寄せられます。

業者の側も、したたかです。以前は、一回の契約で可能な限り高額の契約を締結するため、できるだけ長期の契約を締結したがる傾向にありました。ところがここ数年、NOVA裁判の影響もあったのでしょう。傾向が変わってきました。

数ヶ月単位の契約を繰り返すことにより、中途解約リスクを最小限に抑えるという戦略に出たようです。前述の「中途解約したいと思った頃には契約期間が満了」していたという事態は、こういった背景から頻発しているものと思われます。

半分も受けていないのに、これだけしか返金されないの?

次の内容でエステの契約をしました。

  1. 内容と回数、期間;美顔エステ、50回、半年間
  2. 契約単価;通常1万円/回→キャンペーンで5,000円/回
  3. 契約総額;25万円

20回ほど施術を受けたところで、肌に発疹が出たため中途解約を申し出ました。5,000円×20回=10万円で、解約損料を計算に入れても13万円ほど返ってくると思っていたら、返金されたのは3万円だけ。

サロンは、「中途解約なのでキャンペーン価格は適用されない」と、通常価格の1万円で計算した清算金額を主張しているのですが・・・

※これは違法な請求です。「NOVA裁判の影響」の記事をご覧下さい。

関連記事

クーリングオフ無料相談(初回無料)は

今すぐこちらから

080-5024-6286 / ご相談フォーム

お電話なら10~23時まで。メールなら24時間受付中。いずれも年中無休。